· 

0歳児でもできそうなこと~食育研修ご感想~

こんにちは!

子どもの育ちを応援します!

一般社団法人そだち内田淑佳(うちだよしか)です。

 

『保育の質を高める研修会』

「食べるのいろは(食育の基礎)~食べる力は生きる力~」

 

新しい保育所保育指針および教育・保育要領でも

食育の内容については厚みが増しました。

 

ご参加の先生方、とても熱心でした!

そして食育の研修では、栄養士さんや調理師さんが来てくださる園さんもあって

意見交換が出来るので、貴重な時間となっております。

 

 

頂きましたご感想の一部をご紹介します。

 

・素敵なお話ありがとうございました。

 0歳児でもできそうなことを学ぶことが出来ました。

 食の大切さが学べたので、保育に活かしていきたいです。

 

・食べることの大切さ、食べることは生きる力になることを改めて感じました。

 園で取り組める食育をこの研修で教えて頂けたので、活かしていきたいと思います。

 離乳食の「噛む」ことの大切さも、しっかりと育てていきたいです。

 食べることの楽しさが味わえるような子どもに育ってくれたら、と思いました。

 

・食育についての考え方を知ることが出来て、大切さも学ぶことが出来ました。

 保育園の子どもたちへの接し方としては、もっと料理の話しをふっていこうと思いました。

 また、自分の子どもができた時に、とても参考にしたいと思いました。

 子どものころの影響が大人まで続いていることを改めて知ると、私自身の子どもの頃の食生活なども気になりました。

 

子どものころ、というのは、大人までその影響が続いていく…

考えてみれば当たり前なのですが、日々の暮らしの中で、どれだけ意識できているでしょうか…。

 

食べるものは、直接 体を作ります。

そして食事の習慣は、生活の習慣を作ります。

そして食事の環境は、「生きる力」を作っていきます。

 

「食事」という、日常のことだからこそ

日常の中に食育があります。

 

 

 


次の記事へ いつも同じ子ばかり○○してしまう~あなたなら どうする?~ 



前の記事へ 『見守る』とは


一般社団法人そだち

代表&心理・保育研修講師

内田淑佳(うちだよしか)

友だち追加

「一般社団法人そだち」公式LINE@