· 

「難しい」は思い込みです!

こんにちは!

子どもの育ちを応援します!

一般社団法人そだち内田淑佳(うちだよしか)です。

 

某 保育園 様より研修のご依頼をいただき、

今週末お伺いします。

 

研修テーマのご要望がありまして…

「一人一人に よりそった保育とは」

 

せっかくなので

自信UP!講座でやります!!

★自信UP!講座ご案内ページはコチラ

 

今回、いいお題をいただき、

改めて掘り下げてみました。

 

私のやり方は

まず、言葉の意味を明確にする。

これには国語辞典を使います。

って、最近はもっぱらスマホですが…(笑)

 

「一人一人」は分かりやすいので

「寄り添う」について。

 

「寄り添う」を国語辞典でひいてみましたが

ピンと来ない。

 

そこで

「寄る」と「添う」に分解。

 

な~るほど!!

 

これは楽しい研修になりそうだ!!

 

「そう」って

漢字で書くと

「沿う」「添う」「副う」とあり、

それぞれ使い分けもあるようなのですが、

もともとの語源は同じだそうです。

 

「寄り添う」だと普通は「添う」を使いますけど

なるほどが沢山あったので

あえて「よりそう」とひらがな表記にしてみました。

 

 

子どもに「よりそう」って

どんなことだと思いますか?

 

そして「保育」として

「一人一人」に「よりそう」とは…?

 

「一人一人に よりそう保育とは」

 

言葉の意味を明確にするだけで

いろんな「大切にすること」が見えてきます。

 

結局はシンプルなことなんですよね。

 

ただ、日々の保育の中で

そのシンプルで当たり前なことを

当たり前にしていくことが

けっこう難しかったり…している園さんが

多いように思います。

 

それは何故か???

 

「難しい」と「決めて」しまっているから。

 

実は

「難しい」は思い込みです。

 

「難しい」と思ってしまうから

難しくなります。

 

大丈夫。

固い頭を柔らかくするだけ!!

 

悪い暗示(思い込み)を解いていきましょう!!

 

「一人一人に よりそった保育とは」は

6月22日(金)14時~16時 大阪 です。


次の記事へ 道徳心、規範意識の育て方。人間として大切なことだと痛感しました。



前の記事へ 集団生活って なんでしょね


一般社団法人そだち

代表&心理・保育研修講師

内田淑佳(うちだよしか)

友だち追加

「一般社団法人そだち」公式LINE@