· 

七夕の夜に想う

こんにちは!

子どもの育ちを応援します!

一般社団法人そだち内田淑佳(うちだよしか)です。

 

七夕の日って、雨のこと多いよね…

などど言ってられない大雨…

みなさま大丈夫でしょうか…?

 

被害等にあわれました方、

またご心痛の方には

心よりお見舞い申しあげます。

 

私の住んでいるところは

兵庫県宝塚市。

幸い家は山からも川からも少し離れているので

避難指示の地域にはならず

家族もみな無事でおります。

 

少し前の地震の時と同様

交通機関が運休など相次ぎ

少々の困り感はありましたが、

実際の被害はないので

感謝感謝です。

 

地域によっては

大きな被害も出ているので

電車が止まったくらいで

文句は言えませんが、

 

雨風に強い!と言われている

阪急電車が

立て続けに運休となる自然災害。

 

改めて

日常の有難さや

自然への畏敬の念を

感じます。

 

 

 

 

宝塚の七夕はこんな感じです!

今年の短冊には

無事でありますように…ですね。

 

 

「自然への畏敬の念」という言葉

実は

新しい保育所保育指針および

幼稚園教育要領

幼保連携型認定こども園教育・保育要領のなかに示されている

「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」に書かれているのです。

 

「自然との関わり・生命尊重」という項目で

「自然への愛情や畏敬の念をもつようになる」という姿が記載されています。

 

以前に

某保育園の園長先生から

この言葉について質問されたことがありまして、

改めてその時に

色々と考えたのですが、

明日のメルマガで

そのことについて書いてみようと思います。

 

 ※メルマガは毎週日曜日13時ころ配信しています。

◆メルマガお申込みはコチラ(無料です)より


次の記事へ コミュニケーションの秘訣



前の記事へ 一人が騒ぐと、つられて他の子も騒いで、すごいことになる


一般社団法人そだち

代表&心理・保育研修講師

内田淑佳(うちだよしか)

友だち追加

「一般社団法人そだち」公式LINE@