· 

保育の引き出し広げよう!~遊びの展開の工夫~

こんにちは!

子どもの育ちを応援します!

一般社団法人そだち内田淑佳(うちだよしか)です。

 

夏の保育研修

たくさんの先生方にお越し頂いております。

 

今年

新しく作りました

「保育の引き出し広げよう!~遊びの展開の工夫~」

 

 

こちらも

現場の先生から

「こんな研修あったらいいな」という

ご意見から出来た講座です。

 

実は

私がコラム連載をしております「保育士バンク!」様から

以前に同じ類のお悩みを頂いております。

 

◆コラム記事はコチラ◆

 

そこで、

この記事の内容を下敷きに

子どもの発達過程も追いながら

「遊び」について

みなさんと考える時間にしました。

 

 

頂きましたご感想の

一部をご紹介します。

 

 

・内田先生の保育経験談を、もっと聞きたいと思うくらい面白かったです!

もっと頭をやわらかくして、枠を崩すことの出来る部分を考え、子どもが自由に、主体的に遊べる保育をしていきたいです!!

皆さんのお話も聞くことができ、色々な保育園のことが聞けて良かったです。また参加させて頂きたいです。

 

・子どもたちの「やりたい」という気持ちを大切にし、安心安全を考えて遊びを子どもたちと一緒に考えたいと思います。

子どもは勿論、保育士も楽しいと思えるような保育をしたいです!

 

・今まで「これは そうやって遊ぶものじゃないよ」と言うことがよくあったのですが、子どものやりたいように遊んでもいいんだな、と思えました。子どもが楽しいと思うことを、自分たちで考えてしている遊びを「それ、楽しそうだね」と声を掛けられるようになりたいです。

とっても分かりやすくて面白かったです。ありがとうございました。

 

・具体的な遊びの内容が出てきたわけじゃないのに、実際の遊びが頭の中に何個も思いついていました。私が主体で考えてしまっていたということか!と気付きました。

また、他園の方と話すことで幅が広がるなと思いました。

 

はい、

遊びは「子どもが」どんどん広げていくものです。

 

大人が

「遊びを提供」するばかりではなく

 

子どもが主体となって

「どんどん遊びを展開」していけるように

 

大人は

環境を「工夫」します。

 

実際にどう展開させるか、

決めるのは大人ではなく、

どのように展開していっても

柔らか~~~い頭で

ついていく!!

 

 

子どもの目に触れるもの

実際に手で触れるもの

自分で行けるところ

 

これらの幅をどんどん広げていくことが

大人のする「工夫」です。

 

保育とは

「環境」を作る仕事です。

 

 


次の記事へ 緊張するワケ①



前の記事へ 【字が汚くて困っています!】



一般社団法人そだち

代表&心理・保育研修講師

内田淑佳(うちだよしか)

友だち追加

「一般社団法人そだち」公式LINE@