· 

【蟻のママ劇場】vol.3 「できる」って大事なこと?

 

 

私たちにとって大事なことは

「ありのまま」の自分を愛おしく感じること。

 

こんにちは!

子どもの育ちを応援します!

一般社団法人そだち内田淑佳(うちだよしか)です。

 

「ありのまま」の大切さを発信していきます

【蟻のママ劇場】第3回は

「できる」「できない」について。

 

前回からの続きになっております。

子どもの「できる」が ママの価値っていう話。

私にはピンとこないのですが、

相棒の なかしま ゆき ちゃん は

ママの心理をズバリと教えてくれます。

 

つまり、

「できる」に〇が、「できない」に✖が

くっついている、ということです。

 

そもそも、それが私の中にはない!!(笑)

 

あなたはどう思いますか?

 

 

 

私は、

「できる」「できない」よりも

大事なことがあると思っています。

 

なぜなら

誰にだって

出来ることと、出来ないことが

あると思うから。

 

今、出来なくても

いつか出来るようになることも

たくさんあると思うから。

 

 

 

「自己肯定感」の育みのポイントは

「ありのままを認める」です。

 

つまり、

子どもの行動を評価する前に

 

子どもの存在そのものを

「ありのまま認める」ということです。

 

乳幼児期に

周りの大人に

ただ、自分の存在そのものを

喜んでもらって

愛してもらって

育つことが

 

子どもの人生の

大きな支え(心の育ち)に

なるのです。

 

 

それさえあれば

あとは

自分が何をしたいのか

何が出来るのか

何が出来るようになりたいのか

 

子ども自身が

自分で自分の生き方を

決めていくのではないでしょうか。

 

それが

「自分らしくある」ということではないでしょうか。

 

 

 

 

 

『蟻のママ劇場』では、これからも

「ありのまま」の大切さをお伝えしていきます!

 

 

  よかったらYouTube「一般社団法人そだち」に

 チャンネル登録お願いいたします!!◆コチラから◆

 

『蟻のママ』LINE@ はコチラ↓↓↓から

友だち追加


前の記事へ 発達障害を知ってほしい。そして、だからこそ「自己肯定感」の育みを重視してほしい。


一般社団法人そだち

代表&心理・保育研修講師

内田淑佳(うちだよしか)

友だち追加

「一般社団法人そだち」公式LINE@